ちゅうか ぺきん中華 北京

尾角 愼一朗さん

飽きがこない関西風の中華。豊かな風味でボリュームたっぷり

1972年創業の「町の中華屋」さん。大阪で修業した初代の至朗(よしろう)さんが金沢に持ち帰った中華料理は、関西風のさっぱり味。麺類のスープは、昆布、魚、鶏がら、豚骨の出汁がきいて豊かな風味を持ち、最後の一杯まで飽きがきません。甘からず、辛からず、ニンニクも臭いが気にならない程度に抑えてあり、どの料理もボリュームたっぷり。2代目の愼一朗さんは父から受け継ぐ味を大切にしながら、自らの考えで「キムチ焼き飯」「海老とレタスの焼き飯」などのメニューを増やしてきました。一切手抜きをせず、お客さんから「うまかったよ」と言われるのを励みに、今日も中華鍋を振り続けます。

取材 MEMO

Q:趣味は?
A:カメラ

特大ラーメン700円。「特盛」ではなく「特大」がミソ!

カリカリでジューシーな肉が自慢の肉天定食740円

アツアツの麻婆豆腐が豪快にのったマーボラーメン720円

中華

住所
金沢市柿木畠3-10
TEL
076-264-3344
営業
11:30 ~ 14:30、17:30 ~ 21:30
定休
日曜、祝日
URL
http://pekin-kanazawa.gourmet.coocan.jp/